医療法人晃有会 ササセ皮フ科

  1. TOP
  2. column 月刊ササセ

● column 月刊ササセ


慢性じんましん  2018/10/22(月)
ニキビ跡の赤み  2018/08/17(金)
体のニキビ・・・マラセチアかも  2018/07/12(木)
よくある皮膚癌  2018/06/12(火)
自家感作性皮膚炎  2018/05/15(火)


慢性じんましん

 蚊に刺された時のような痒く赤く浮腫状の皮膚症状が急に生じて、だいたい数時間で消えるのが、典型的なじんましんの症状です。このような症状が毎日繰り返され1か月以上続くのが慢性じんましんです。多くの場合は原因不明で、1日1回生じることが多いです。特に夜間夕食後や、入浴後に生じることが多いです。
 アレルギー性のものは血液検査で調べられ、まれに毎日食している物が原因であったりします。小麦、米、大豆、トウモロコシ、卵、牛乳などが可能性大です。多く摂取した時だけ出ることもあります。
 じんましんの治療は、外用薬ではなく内服薬が中心となります。抗アレルギー薬を飲んで、出ない状態をつくるのが大切です。薬が効かないことも多く、いろいろな種類の薬を試すことになることがあります。何年もかかることがあるので、根気よく治療することも重要です。

Date: 2018/10/22(月)

ニキビ跡の赤み

 ニキビは、そのものも気になりますが、治った後の赤みや陥凹といったニキビ跡も同様かそれ以上に気になります。ニキビが治るのに時間がかかると炎症状態が長引き、血管の拡張と増生を引き起こします。この変化を治すのは、なかなか難しいです。
 一般的な内服や外用治療では限界があります。レーザーなどで拡張し増生した血管を焼灼していく必要があります。レーザーは光なのですが、赤色に反応する波長のものもあります。血液中の赤血球をターゲットにして血管を焼灼していくのです。血管腫の治療にも使用されていますが、ニキビ跡の赤みにも有効です。女性の頬によくみられる毛細血管拡張にも有効です。1回の治療で消退しない時は複数回照射します。痛みは無いか軽度です。

Date: 2018/08/17(金)

体のニキビ・・・マラセチアかも

 ニキビは顔以外では、胸や上背部に好発します。一般的なニキビは皮膚常在菌であるアクネ桿菌によって生じます。それに対して胸や背中にできる、一見するとニキビに見える紅色丘疹は、実はマラセチア毛包炎かもしれないのです。
マラセチアとは皮膚に常在する酵母様真菌で、癜風や毛包炎を起こします。汗をかいて放置しているとマラセチアが繁殖します。
 思春期の男女の上背部などに好発します。毛孔一致性に大きさの整った紅色丘疹が集簇性に多発します。掻痒や疼痛を伴うことがあります。普通のニキビの治療でよく使われる外用抗菌剤は効かず、水虫などの治療に用いられる抗真菌剤外用が必要となります。また汗対策も必要です。

Date: 2018/07/12(木)

よくある皮膚癌

 一口に皮膚癌といっても、様々な病態があり悪性度も大きく変わります。ここではよく見かけられる比較的悪性度の低い皮膚癌を紹介します。
 「光線角化症」紫外線曝露によって生じる表皮内癌です。高齢者の顔や手背に好発します。落屑や痂皮を伴う紅斑で、一見すると湿疹にしか見えません。一部角化し皮角を形成することもあります。進行し有棘細胞癌になることがあります。凍結療法、手術、外用で治療します。
 「基底細胞癌」紫外線などが誘因となり高齢者の顔面に好発します。黒いことが多くホクロのように見えますが、徐々に進行し大きくなると潰瘍化することもあります。転移はまれで、手術で摘除します。
 「ボーエン病」高齢者に多く1~10センチ程度の紅褐色~黒褐色の局面です。ゆっくり経過するため慢性湿疹のように見えます。表皮内癌ですが、進行し有棘細胞癌になることもあります。手術あるいは凍結療法で治療します。
 皮膚癌では悪性度の高いメラノーマが有名ですが、現実は上記のあまり悪くない皮膚癌の方が圧倒的に多いです。

Date: 2018/06/12(火)

自家感作性皮膚炎

 全身性に痒みを伴う小丘疹や紅斑が多発する皮膚疾患で、日常よく見かけます。最初はある部分に限局していた皮膚病変が急速に増悪し全身に広がります。
原発巣は下腿が半数以上で圧倒的です。皮膚炎が掻破や細菌感染で増悪し発赤、腫脹あるいは浸出液が出るようになると、2週間くらいで全身に散布疹が出るようになります。5ミリまでの紅斑、丘疹、漿液性丘疹、膿疱が播種性に生じ掻痒が強いです。
 内在性アレルギー反応(id反応)と考えられ、原発巣における組織崩壊によって生じる変性自己蛋白、細菌や真菌成分、毒素などが抗原と思われます。原発巣となる疾患は貨幣状湿疹、うっ滞性皮膚炎、接触皮膚炎、アトピー、足白癬などです。原発巣治療とともに、ステロイド外用、抗ヒスタミン内服が必用です。

Date: 2018/05/15(火)

現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]
[TOP]
shiromuku(u2)DIARY version 2.72
皮膚に関するお悩みは、何でもご相談ください。
NETで受付 『塚本本院』・『茶屋町』の順番予約ができます!
料金一覧ページ

TOPICS

LINKS