医療法人晃有会 ササセ皮フ科

  1. TOP
  2. 診療科目
  3. 形成外科診療(保険適用)

● 診療科目 形成外科診療(保険適用)

眼瞼下垂

先天性、後天性(腱膜性)のものがあります。上まぶたが黒目にかかり、おでこにしわを寄せて眉毛をあげてまぶたを持ち上げようとします。真正面が見えづらい、頭痛・肩凝りなどの症状を手術で改善します。
もっと詳しく見る

睫毛内反

生まれつきのもの、加齢とともにまぶたの緊張がゆるんできて生じるものがあります。症状はチクチクする程度のものから、流涙、充血、眼脂(目ヤニ)、羞明(まぶしい)、さらに角膜に障害がでるものまであります。

皮膚のできもの

粉瘤、脂肪腫、石灰化上皮腫、類上皮腫、眼瞼黄色腫、脂漏性角化症、皮膚線維腫、軟線維腫、ガングリオンなど。手術による切除、レーザーなどで治します。

青あざ・外傷性刺青

まぶた、頬などにできる青みがかったあざ(太田母斑)、けがで異物が皮膚に埋まってできる刺青はQスイッチルビーレーザーを使ってうすくします。3か月に1回、何回かの照射が必要になります。

けが(外傷)

きりきず、すりきず、刺しきず、動物咬傷など。早めに受診していただいて、適切な処置をほどこすことで、できるだけ早く、きれいに治します。

やけど(熱傷)

熱湯や汁物、アイロン・ストーブ、炊飯器・電気ポットの蒸気、湯たんぽ・カイロによる低温熱傷など。早めに受診していただいて、適切な処置をほどこすことで、できるだけ早く、きれいに治します。

きずあと・ケロイド(瘢痕・瘢痕拘縮・肥厚性瘢痕・ケロイド)

けがややけどの後のきずあとが目立つ、ひきつれるなどの場合、手術治療でより目立たなくすることができます。赤く、もりあがったきずあとの場合、圧迫療法、内服治療、ステロイドの局所注射などで緩和させる方法があります。

耳の変形(折れ耳、立ち耳、埋没耳、副耳、耳瘻孔、ピアスケロイドなど)

耳の上側が折れ曲がっている(折れ耳)、耳が前に起き上がって髪の毛からはみでている(立ち耳)、耳の上側が頭の皮膚の下にもぐりこんでいる(埋没耳)、などの変形を手術で治します。耳の前に小さなこぶがある(副耳)、小さな穴が開いている(耳瘻孔)、ピアスをあけたところが盛り上がっている(耳ケロイド)、耳たぶが裂けている(耳垂裂)なども治療の対象になります。
もっと詳しく見る

へその変形

いわゆる“でべそ”です。腸管が皮膚の下で出入りする臍ヘルニア、ヘルニアはないがへその皮膚が余って、飛び出ている突出臍などを改善します。

陥没乳頭

乳首が乳輪の中に埋まっている状態で、授乳障害、乳腺炎をおこすともあります。指で引っ張っても出てこない、吸引器による治療をしても改善しない場合、手術治療が適応になります。

皮膚に関するお悩みは、何でもご相談ください。
NETで受付 『塚本本院』・『茶屋町』の順番予約ができます!
料金一覧ページ
医師・看護師・医療事務の募集

TOPICS

LINKS