1. TOP
  2. 診療科目
  3. 粉瘤(アテローマ・アテローム)

● 診療科目 皮膚科診療(保険適用)

粉瘤(アテローマ・アテローム)

粉瘤(アテローマ・アテローム)

粉瘤(アテローマ・アテローム)手術について

医療法人晃有会 ササセ皮フ科 院長 笹瀬晃弘(神戸大卒)

1. 粉瘤(アテローマ・アテローム)とは。

粉瘤とは、簡単に一言でいえば「皮膚の中にできた皮膚の袋」です。一般的には「脂肪の塊」と言われたりもしますが、その袋の中に溜まっているものは脂肪ではなく角質です。

表面の皮膚とは密着している感じがありますが、下の周囲組織に対してはよく動きます。中心に黒点状の開口部があり皮膚表面と繋がっています。ここから白いおから状のものが出てくることがあり、一見脂肪のように見えるので、俗称で「脂肪の塊」と言われたりします。

内容物の角質が出てきているのですが、粥状になって出てくることもあり、臭いにおいを発します。顔の粉瘤は小さくても、このにおいが嫌で摘除希望されることが多いです。

アテローム(粉瘤) 表皮嚢腫

2. 粉瘤(アテローマ・アテローム)の原因・種類。

粉瘤は頭から足の裏までどこにでも発生する可能性がありますが、特に顔、首、体幹上部、腰臀部に好発します。ドーム状に隆起し直径1 ~ 2 センチ大のものが多いですが、時に10 センチくらいに発達するものもあります。

小さいうちは皮膚の下でコリコリとしたものを感じる程度ですが、そのまま放っておくと少しずつ大きくなります。開口部から細菌が入ってしまうと、炎症や感染を起し赤く腫れ、痛みを生じることがあります。

原因は表皮や毛根組織が真皮内に陥入して袋を形成し角質をためるようになって生じると考えられています。ニキビがよくできる人に多いようですが、多くのケースで発症原因は不明です。

粉瘤ができても、痛みやかゆみがない場合が多いので、そのまま放置している人も多いようです。しかし自然に治ることはありませんので、小さいうちに袋ごと取り除くことをお勧めします。小さいうちなら傷跡もほとんど目立ちません。

アテローマ(粉瘤・アテローム)の原因・種類

3. 粉瘤(アテローマ・アテローム)の手術・治療の流れ。

粉瘤の治療は、手術になります。塗り薬や飲み薬などはありません。
摘出手術は、皮膚を切開し、粉瘤の袋をつぶさないように(つぶすと内容物の角質が皮膚に流れ出てしまいます)丁寧に周囲組織と剥離して取り出します。

しかし細菌感染を起こし、赤く腫れて痛みを伴い、周囲が炎症を起こしている時は、袋ごと摘除することができません。皮膚に切開を入れて化膿した状態の角質や膿を排出する処置になります。角質や膿を生理食塩水で洗い流したりします。一旦小さくわからなくなるのですが、この場合袋は残るので再び大きくなってくることがあります。

化膿していなければ、その時に袋ごと摘除するのがおすすめです。またしこりとなって長く残ることもありますが、これも摘除した方がよいでしょう。

手術時間は、15~45分ほど。局所麻酔で行いますので日帰りでの手術が可能です。当日は飲酒や激しい運動は控えた方が良いでしょう。洗顔やシャワーは翌日からしていただいて大丈夫です。

手術・治療の流れについて

局所麻酔
1. 局所麻酔
皮膚を切開
2. 皮膚を切開
粉瘤を摘出
3. 粉瘤を摘出
皮膚を縫合
4. 皮膚を縫合
ガーゼで圧迫固定
5. ガーゼで圧迫固定
翌日ガーゼ交換
6. 翌日ガーゼ交換
1週間後抜糸
7. 1週間後抜糸
皮膚に関するお悩みは、何でもご相談ください。
現在の待ち状況がわかる iTICKET 詳しくはコチラ
料金一覧ページ

TOPICS

LINKS