医療法人 晃有会

阪急グランドビル 22階

保険診療

ACNE CLINICニキビクリニック

毛穴の開き・赤ら顔・吹き出物・凹凸

ニキビに関する悩みは、深く広範囲にわたります。
日々の診察でいろいろな症状で悩み苦しんでおられるニキビ患者さんがとても多く受診されます。

何とかならないものかとかねてより思っていましたが、治療の進歩によりようやくある程度のところまでは治療が可能になってきました。

感染症としてニキビから瘢痕性のニキビ跡、あるいは面疱、赤み、毛穴の開きといった気になる症状まで種々の悩みに対応できる「ニキビクリニック」を立ち上げ当院でできる治療をまとめてみました。

1. 保険診察

保険証

一般的にいうニキビはほとんど改善します。内服薬、外用薬、面疱圧出、光線療法が主な治療です。

外用薬ではアダパレン(ディフェリン・ベピオゲル)等が使用可能になりニキビ前の微小面疱にも対応できるようになりました。赤みや色素沈着に対応できる内服薬も保険で処方できるものもあります。

2. アドバンス治療

これらの治療を、その皮膚状態に合わせて施術することにより今まであきらめていたニキビ跡、赤みを、かなりの程度で改善することが可能になってきました。

イオン導入 ※

GG:毛穴の開き改善
TA:赤み改善
VC:美肌・抗酸化

乾燥対策コース ※

コスメシューティカル

ケミカルピーリング ※

サリチル酸
グリコール酸
乳酸

毛穴対策コース ※

フォトRF ※

フォトRFアドバンス ※

マトリックスIR ※

レーザーシャワー ※

フォトフェイシャル ※

フラクショナルレーザー ※

コンビネーション
Newフラクショナルレーザー
ニキビ跡(凹凸、毛穴)

マイクロボトックス注射 ※

ロングパルスYAGレーザー ※

※印の施術は系列院にて行なっております。対応院は料金表をご確認ください。

3. 注意するポイント

1.洗顔は大切 正しい洗顔法で汚れを確実に落としましょう。

2.保湿しすぎていませんか? 寝る前に乳液やクリームで保湿しすぎる傾向があります。

3.ノンコメドジェニック化粧品を使いましょう 面疱(コメド)を作らないようにテストされたファンデーション等を使いましょう。

4.強すぎるUVケアは禁物 SPF値の高すぎる日焼け防止剤はニキビの原因になります。

5.食事について ビタミンB群を中心にバランス良く食事をとりましょう。

6.夜更かしは厳禁 少なくとも12時までには寝ましょう。睡眠時間十分でも夜更かしはダメ。

7.ニキビを触ったり、つぶしたりしないように アトカタは一生残ることも多いので、つぶす時は必ず皮膚科医院へ行きましょう。

粉瘤(アテローム)

ページTOPへもどる